どぶろぐ。

<   2007年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧

魔女との遭遇

本日のメンテナンスも、予定通り延長のようである。
18時からのイベントも予定通り延期だろうか・・・。


先日、仕事を終えて電車に乗っていると、
向かいのベンチシートに黒ずくめのおばさんが座っていた。

黒いジャケットに黒いロングスカート。
お化粧は濃い目で、お年のわりに不自然なお肌の張りである。
どこが不自然かっていうと、
何かこうグッと持ち上げたようなツッパリ感があるのだ。
小柳ルミ子さんが実際いじっているかどうかは知らないが、
ああいうお顔立ちのおばさんだった。

お顔と首にずいぶん色の差があるなぁ、
なんて思いながらぼんやり見ていたら、
肌色のハイネックシャツを着ていることに気がついた。

黒ばっかりかと思ったら肌色も着ていたのだ。
ただ、あんまり首の色と近い肌色だったので、
保護色(何の?)になってわかりにくかったが、
首とシャツの境い目には、くっきりと線が入っていた。

それでも何か腑に落ちないところがあって、
しばらくおばさんを見ていたら、その違和感の正体がわかった。
アッ!と思わず出そうになった声をのみこんで、
もう一度よく見ると、

シャツじゃない!首の皮がダブダブになっている!!

この形、どこかで見たことがある、
と記憶をたどっていくと、
そうだ、あれに似ているんだ、

亀の首。

お顔はつるっとしているのに、
首は亀みたいに皮がダブついてる、
鶴と亀で縁起がよさそうだが、とにかく不自然。

しかしまあ、

これが本当のタートルネック。

閉店ガラガラ。
[PR]
by hakoiri_musume | 2007-10-31 16:38 | どびんのひとりごと

求ム、ジャッジ

お買い物の帰り道、いつものように路地に入ってから私は歌いだした。


その日の選曲は

「ブルースブラザーズのテーマ」を「にゃ」のみで表現する

という、他人に聞かれてはならないシロモノだった。

この季節は気温がちょうどよくて、
歩いているだけで気分がいいので、つい歌を口ずさんでしまう。

とかいいつつ、本当は暑かろうが寒かろうが、
てくてく歩く時は何かしら怪音を発しているが、
そこはそっとしておいていただきたい。


はじめは小声だった「にゃーにゃにゃっにゃ!」は、
段々ノリノリになってきて、最終的にはけっこうなボリュームになっていた。

で、まぁ「にゃ」が最高潮になったときに、
自転車のおじさんがスーッと私の横を通り過ぎたわけだ。

これは恥ずかしい。

おじさんを確認すると同時に歌うのはやめたが、
アレが聞こえていないはずもなく、
どんなおバカさんが歌っているのか、
振り向いて確認されたらどうしようと思って、
警戒しながらおじさんの背中を目で追っていると、

おじさんが植木とハイタッチ。

しかも3回くらい。
おじさん、小学生みたい。

この勝負、引き分けだな。
[PR]
by hakoiri_musume | 2007-10-28 00:31 | どびんのひとりごと

残念な奥さん

夫 「どびんは、誰か芸能人に似てるって言われたことあるんか?」

妻 「えっとねぇ、ハジメちゃん。」

夫 「それは芸能人って言わへんのちゃうか?」
[PR]
by hakoiri_musume | 2007-10-27 02:08 | どびんのひとりごと

広報 「おにぎり」 12号(’07.10.24)

しばらく実家に帰っていて、昨日かえって来ました。
色々なお誘いに参加できず、ごめんなさいです。

めいぽではたくさんの方が幸せに結婚されていますが、
たとえ、二人の意志が固まっていても、
簡単にいかないのが現実のようです。

 「生まれた所や皮膚や目の色で
 いったいこの僕の何がわかるというのだろう」

21世紀になっても、結婚は二人だけの問題じゃないのですね。

子供の幸せを願って結婚を反対するならまだしも、
親の見栄で反対するのは、
我が子をも否定することだと思うのですが、
こう思うのって青いんでしょうかね。

祝福の気持ちを込めて友人にこう言いました。

「先、孫つくったれ。」
[PR]
by hakoiri_musume | 2007-10-24 13:24 | 広報 「おにぎり」

すもぞう観察日記63

すもぞうは、やや乾燥肌なので季節によっては、
就寝中にボリボリ腕や足をかきむしることがある。

だいたい無意識でやっているようで加減がわからず、

朝、目覚めたら血まみれ

なんてことも、年に数回はある。


そんな乾燥の季節が今年もやって来た。

「ううん・・・」と寝返りをうちながら、
ガリガリ、ゴリゴリ。

でもそれ、私のひざ小僧。
[PR]
by hakoiri_musume | 2007-10-13 01:14 | すもぞう観察日記

ひとつでいいの?

出先で読めない漢字が並んでいても、
無意識に自己流で読んでしまっていた。

早生みかん。

家計簿をつけるときにレシートを見たら、
カタカナで表示してあったので、
間違いに気づいたわけである。

× はやうみかん(なぜかダジャレ風)
○ わせみかん

ひとつおりこうさんになった。


ちっちゃいおみかんが6個入って97円。
気がついたらカゴの中に入っていた。

温州みかんが好きなのである。

家に帰って、早速ひとつお味見した。
気がついたら3個口の中に入ってた。

温州みかんがとっても好きなのである。

ひとつでは満足出来ない、出来っこないさ。
[PR]
by hakoiri_musume | 2007-10-11 16:38 | どびんのひとりごと

すもぞう観察日記62

すもぞうが何やらごそごそとしているので、
そちらに目をやると、

「Y!」

と、嬉しそうに足首を持ち上げていた。

「Y字バランスしてんの?」
と、私が尋ねると、うんうんと頷いていたが、
ひいき目に見ても「F」止まりで、

立ったまま足のニオイを嗅ごうとしている横着なおっさん

が、ただそこに居るだけだった。
[PR]
by hakoiri_musume | 2007-10-04 18:26 | すもぞう観察日記

陳腐な言葉の羅列

このままずっと夏なんじゃないかと思うくらい、
暑い暑い夏が、あっさり過ぎて、数日経つ。

夏の間ガラガラだった10時台の電車に
たくさんの大学生が乗っている。

衣替えも済んでいない私は、
Tシャツに短パンで、
あんまり冷えるもんだから、
あわてて、カーデガンと毛糸の靴下を身に着けた。

時間は私の意識よりもずっと早く進んでいる気がする。

世間の人は時間と共に生活しているのに、
私は追いつけずにぼんやりと突っ立っている。

季節にお尻を叩かれて、
ちぐはぐな自分がとても滑稽だ。

虚無の不安に襲われて、
膝を抱えたら、自分の鼓動が聞こえた。

トクトクトク・・・。

置き去りにされた私にも
変わらず動いているものがあった。
[PR]
by hakoiri_musume | 2007-10-04 00:56 | どびんのひとりごと

どびんが書いています。足跡を残してくださると、想像以上に喜びます。
by hakoiri_musume
プロフィールを見る
画像一覧

◆はじめに◆
当サイトで使用している全ての画像や文章などの転載・複製・再配布することを禁止します。

◆それから◆
私が、普段感じたつまらないことを書き留めている、ごくごく私的なページです。

・どびん・
サイト管理人。
鈍器腐人(どんきふじん)。
主婦。

・すもぞう・
管理人の夫。
氷魔。
観察対象。


◆りんく◆
ゆにぷの(略
裏ゆにぷの(略
迷歩
AMAM's Bar
☆みかんの缶詰め☆
KAZARU!?
猫鍋のメイポな日々
くああ堂本舗
~jade~
(。-。)
ハヌの寝言
イリスの黙示録
もちぶろぐ
セクシーAha?
**缶詰日記**
Platinum Heart
閑話放題。
M.O.B 2nd STINT
天界に拡がる杏の樹
年中青空な町
夢幻(ゆめ・まぼろし)
ちぇん子のチンピラ日記
希望と夢の欠片
メイプル三昧
蒼い剣士と青い魔術士のまったり冒険記
Pure Jump








めいぽのネタは年に3回くらいしか書きませんが、責任は負いかねます。
あと、私の独断でコメント等を削除することがあります。
ご了承ください。

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな