どぶろぐ。

<   2007年 05月 ( 12 )   > この月の画像一覧

夢心地、散歩道

どびん体操を完全リニューアルし、
どびん’sブートキャンプが完成したが、一向にやせる気配がない。

まぁ、おもしろい顔をしたところで、
やせる事はないだろうなと、
自分でもうすうす気づいてはいる。


さっき、久しぶりに郵便局へ行って来た。

前回、我が家から一本道でいけるはずなのに、
迷子になったのがトラウマになっていて、足が遠のいていた。

しかし、お気に入りのポストの貯金箱がおなか一杯になって、
投入口から10円玉がベロンとはみ出していて、あんまり見苦しいから
重いおけつをあげて、よっこらしょっと行ってみたのだ。

うむ、近い。

帰り道に、他人の家のあじさいのつぼみを覗き込んだり、
つつじが咲き乱れているのをぼーっと眺めたりした。

今日は日差しがやわらかくて、
日傘のむこうのみどりがキラキラしていて、
絶好の散歩日和だった。

そうだ、きっと私はお散歩をしたのだ。

だから決して迷子になったわけではないのだ。

家に着いたら、変な汗が脇ににじんでいた。
手でぬぐって、なぜだかわからないが、ニオイをかいだ。

すっぱいニオイじゃなかったから安心した。
[PR]
by hakoiri_musume | 2007-05-31 16:07 | どびんのひとりごと

たそがれ

いつも通る道でも、ちょっと立ち止まると、
新しい発見をすることがある。
一本違う筋を通ると、新しい世界に出会えたりする。

そういう感覚は言葉にもあると思う。

子供に言葉を教えることが仕事の内容に含まれていたり、
こうして日記を公開していたり、
ネットだけのお友達がいたり、「言葉」について考える機会が多くある。


言葉って面白いな、日本語ってきれいだな、と思ったのは、
「黄昏」(たそがれ)の語源をきいたときだろうか。

黄昏っていうのは、夕暮れ時、
薄暗くて、人の見分けがつかないから

「誰(た)そ彼(かれ)」

って聞かないとわかんないって事でそういわれるようになったらしい。

ああ、確かにそうだ、と妙に納得した。


私の知識って、バラエティ番組とか、先生の雑談とか、
どっかの雑誌とかで、専門書なんて読んだことがないから
本当かどうかはわかんないんだけどね。

つまり何の裏づけもない、あやふやなものを元に、
ぼんやりと考えたことを、このカテゴリに書いていこうと思っている。
あれ、カテゴリまで作る必要あるかな・・・。
いつも書いていることと大差ないよね。

大きく出ちゃったなぁ。と、さっそく後悔気味。

さらに遠のくめいぽの話題。さぁ、どうする私?
[PR]
by hakoiri_musume | 2007-05-31 02:15 | ころころ言葉のコラム

広報 「おにぎり」 11号(’07.5.24)

人間、前向きなのはとってもいいことですが、
あまりにも前向きすぎると危険だなぁと感じることが身近にありました。
「過ぎたるは及ばざるが如し」なんていいますが、そのお話は、またいずれ。


恒例の実家参りに行ってきます。

実は先月も、帰っていました。
母からは「GW明けには北海道に発つよ。」と聞いておりましたが、
GWはちょうど、仕事がわんさかあるとわかっていたので、
GWが始まる前に顔を見に行ったのです。

しかしGWが明けても、両親に動く気配が感じられません。
「結局いつ行くの?」と聞くと「6月。」と素で返されました。


まぁ、しいて言うならば、

忘れていったビデオのリモコンを持っていく

というのが、主たる理由となります。


なんちゅうか、理解の深い夫に感謝です。
[PR]
by hakoiri_musume | 2007-05-24 01:53 | 広報 「おにぎり」

チャレンジャー

雑誌から切り抜いてきたみたいにおしゃれな子がいた。

ここは駅の改札口。

高校生くらいのその男の子は、
さわやか系HIPHOPとでもいうべきだろうか、
ルーズなシルエットなのに清潔感があって、
初夏にぴったりの鮮やかな色をいやみなく着こなしていた。

小物使いも素晴らしく、
耳にはレモンみたいに大きなヘッドフォン、
手元には、洗練されたデザインのエンジ色の自転車。

じてっ、自転車?!

彼は折りたたみでもなんでもない、
洗練されたデザインのエンジ色の自転車を押しながら
ガッチャンとフツーに改札を通っていった。

もちろん、速攻で駅員さんに止められた。

「キップは払い戻しますから。」とか駅員さんに言われても、
ポカーンとしていて、何で止められたのか気がついてないみたいだった。

そのファッションに懸ける情熱のうち、ほんの少しでいいから、
自分の周りに気を配ってみたらどうだろう。
なんでみんながお金を払って駐輪場を借りているのか気がつくはずだ。


ねぇぼく?明日お母さんに頼んで、
その自転車が入る大きな袋を作ってもらいなさいね。

あなたのファッションセンスがそれを許すかどうかはわからないけど・・・。
[PR]
by hakoiri_musume | 2007-05-23 00:00 | どびんのひとりごと

すもぞう観察日記56

その日、すもぞうはとても早起きしていたのに、
午前0時を過ぎても一向に寝る気配がなかったので、

「すもさん、まだ眠くないの?朝6時ごろ起きたでしょ?」

と、やさしく聞いてみた。

「全っ然、眠くない。」

すもぞうはやや切れ気味にこう答えた。


ふーん、そんなもんかぁと、私が振り返ると

寝てた。


数日後に、この話を本人にすると、全く記憶にないという。

お前はすでに眠っている。
[PR]
by hakoiri_musume | 2007-05-20 15:54 | すもぞう観察日記

木漏れ日の青春

今日、電車で女子大生のおぱんつ丸が見えだった。

お顔はかわいいけど、終始不機嫌。
真っ黒でゴワゴワのロングヘアでふた昔まえのヤンキーみたいだった。

ピンクのトゥウィーティ(ひよこちゃん)のTシャツに、
ブルーデニムのミニタイトスカート、
黒のオーバーニーソックスに、レモンイエローのスニーカー。

椅子に浅く腰掛けて、肩甲骨あたりで背もたれに寄りかかる、
コントのヤンキーみたいな座り方をしてるから、
淡いブルーのおぱんつがずーっと見えていた。

時々見えるのは「わお!」って思うけど、
ずーっと見えているのは、なんだかときめかない。

情緒がない。


高校生の頃、ヤンキーのクラスメイトが
お昼休みの学食の出入り口(=ものすごい人通り)
のベンチに前述の彼女と同じように座っていた。

いや、少し違った。
その子は制服をミニにしていたのに、お股をおっぴろげていたのだ。
「どうだ!」と言わんばかりに、おぱんつが、がっつり四角く見えていた。

そこを通る学生たちは皆、
一瞬「あっ!」っと目をうばわれたが、すぐさま見なかったことにしていた。

むろん、私も同じようにした。
思うことはあったけれど、17歳の私には、そんな風にすることしかできなかった。

スカートからチラリとのぞくおぱんつは三角形であって欲しい。

初夏のまぶしい木漏れ日の中、
幼さの残る顔に毒々しいピンクの紅をさして、
オキシドールで脱色したパサパサの前髪をたらした彼女は
とてもイライラしていて、眉間にしわを寄せ、口を醜くゆがませ、
いかにも「ジロジロ見てんじゃねーよ。」という表情だった。

そりゃ見るって。

そんな彼女とは対照的に、
お股のおぱんつは、いつまでも純白に輝き、
多くの学生たちに向けて、光を放ち続けていた。
[PR]
by hakoiri_musume | 2007-05-14 15:15 | どびんのひとりごと

主婦の味方

冷凍うどんは素敵だ。

この前は残ったカレーにおだしとツナとおねぎを足して、
カレーうどんにした。

今日は、とても暑かったので、
昨夜の残りのレンコンとお茄子の煮物を冷やして、
少しのおだしと煮汁ごと冷水でしめたおうどんにぶっかけた。
氷ともみのりをのっけて、さっぱりしたおいしいおうどんになった。

もともと、煮物にゆずこしょうを入れてあったので、
おだしがピリリとして、めんはモチモチつやつや、
お茄子はとろとろ、レンコンはシャキシャキ。

こういう、残り物を工夫した食事はすもぞうには食べさせられないので、
自分ひとりのときは、いつも変なものばかり食べている。
主婦ってだいたいそんな感じだと思う。

ひやご飯とか、昨夜の残り物とか、
「食事」っていうより「始末」の要素のほうが強い。

かといって、昨夜と同じ食べ方では飽きてしまうから、
ちょっとだけ手を加えるのだ。

まぁ、そんな試行錯誤でわりと美味しいものができると、うれしいわけである。
[PR]
by hakoiri_musume | 2007-05-09 17:47 | どびんのひとりごと

5月5日 byすも

正確には
「暗黒物質」のことが気になって寝られませんでした。
[PR]
by hakoiri_musume | 2007-05-06 23:58 | すものひとりごと

すもぞう観察日記55

5月4日

「盆栽」と書かれたTシャツを購入。


5月5日

「宇宙のことが気になって寝られない。」
[PR]
by hakoiri_musume | 2007-05-06 07:43 | すもぞう観察日記

私だけ?

昨日「スパイダーマン3」を観てきた。

このロゴってどうも「すぱいだーまんよ」に見える。
[PR]
by hakoiri_musume | 2007-05-05 14:07 | どびんのひとりごと

どびんが書いています。足跡を残してくださると、想像以上に喜びます。
by hakoiri_musume
プロフィールを見る
画像一覧

◆はじめに◆
当サイトで使用している全ての画像や文章などの転載・複製・再配布することを禁止します。

◆それから◆
私が、普段感じたつまらないことを書き留めている、ごくごく私的なページです。

・どびん・
サイト管理人。
鈍器腐人(どんきふじん)。
主婦。

・すもぞう・
管理人の夫。
氷魔。
観察対象。


◆りんく◆
ゆにぷの(略
裏ゆにぷの(略
迷歩
AMAM's Bar
☆みかんの缶詰め☆
KAZARU!?
猫鍋のメイポな日々
くああ堂本舗
~jade~
(。-。)
ハヌの寝言
イリスの黙示録
もちぶろぐ
セクシーAha?
**缶詰日記**
Platinum Heart
閑話放題。
M.O.B 2nd STINT
天界に拡がる杏の樹
年中青空な町
夢幻(ゆめ・まぼろし)
ちぇん子のチンピラ日記
希望と夢の欠片
メイプル三昧
蒼い剣士と青い魔術士のまったり冒険記
Pure Jump








めいぽのネタは年に3回くらいしか書きませんが、責任は負いかねます。
あと、私の独断でコメント等を削除することがあります。
ご了承ください。

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな