どぶろぐ。

<   2006年 07月 ( 14 )   > この月の画像一覧

すもぞう観察日記36

「ヴィ~、ヴィ~、ヴィ~、ヴィー、ヴィー、ヴィ、ヴィヴィヴィ。」

「ヴィクトリー!ヴィクトリー!!ヴィクトリー!!!ヴィヴィヴィ。」


何回も聞くけど、どんな夢見てるんだよ!!!

「闘将!拉麺男」か?
[PR]
by hakoiri_musume | 2006-07-28 16:27 | すもぞう観察日記

奇跡の少年達

各駅停車の電車に、二人の男性が乗ってきた。

真っ黒に日焼けした彼らは、すぐに注目の的となる。

1人は、亀田三兄弟をひとりにまとめたような子で、
もう1人は、スーパーの袋をカバン代わりに持ち、
赤い短パンを腰履きにして、黒いパンツがチラチラと、
なんだったら、おケツも見えそう、そして、上半身は裸だった。

バカ彦君だ!

彼らは、身体だけが大きくなったけど、
中身はまだまだ子供といった感じの、
夏休み中の高校生だと思う。

乗り込んですぐにおじさんの前を通って、
隣の車両へ歩いていったのだが、
そのおじさんは「日本はもうダメだ。」
といった感じで、うなだれてしまった。

次の駅に着くと、また誰かが駆け込んできた。

ひとり亀田三兄弟とバカ彦君だ。

どうやら、「一旦ホームへ降りて、走って別の車両に乗り換える。」
「ギリギリに乗ったほうが勝ち。」みたいなバカ丸出しの遊びをしているようだった。

そして、吸い寄せられるように、先ほどのおじさんの隣へ座った。
その時のおじさんはまさに、苦虫を噛み潰したような顔になっていた。

また、次の駅へ近づくと、彼らは立ち上がり、ホームへ降りる。
ひとり亀田三兄弟が、ニヤニヤしながら、片足を車両へ乗せて、
電車へ乗り込むタイミングを計っていた。
それを見る乗客の表情がたまらない。

おそらく、彼の目線の先にはバカ彦君が居たのだろうが、
私の降りる駅だったので、残念ながら確認は出来なかった。

知能の低い彼らが、
ドアに挟まれたまま電車が出発したらいいのに、
と心の底から思った。
[PR]
by hakoiri_musume | 2006-07-27 15:20 | どびんのひとりごと

ばか夫婦の会話2

旅行先を検討するばか夫婦。

妻「私、水族館が見たい。」
夫「水族館?!」

妻「そうそう、うあ~立派な建物~って。」
夫「ほんまやなぁ、大きい建物やなぁ、じゃ帰ろうか。」
妻「うん、水族館見られてよかったわぁ。」

妻「・・・・・・(地団太踏んで、半泣き)。」

夫「ちがうな、そんなんと違うな。」
妻「・・・うん・・お魚とか・・ペンギンさんとか、亀さんとか・・・見たい。」
夫「そうやな、そっちやな。」
[PR]
by hakoiri_musume | 2006-07-26 15:29 | どびんのひとりごと

すもぞう観察日記35

「かかと落としがめっちゃキレイに決まった夢見たわ~。」
と興奮気味に、語っていた。

その技が私の右太ももに炸裂したことも知らずに。
[PR]
by hakoiri_musume | 2006-07-24 14:22 | すもぞう観察日記

落とし穴

最近、サブの投げでよく河童を狩るのだが、
ときどき、墓が落ちる。

河童じゃなくて、姫で逝く。

なにげなく、ポータルをくぐってしまうのだ。

最近変えたジョイパが以前のものに比べて、一回り小さいせいか、
左右の方向キーと同時にどうやら上も押しているようなのだ。

油断して歩いていると、いつの間にか登っているのは、日常茶飯事。

ビサスでKBされて、キャラを見失うと、
ロープにつかまっていたりする。

うん、単に下手くそ なんだな。

ようやく、覚えたFJも、気合を入れないと発動しないし、
前途多難な、投げ子である。

どうでもいい話だけど、昨夜、深夜の2時過ぎに
ウワサの白黒混じったゴーレムを狩りに行ったが、
全く空いていなかった・・・。

半分くらいは放置だ。

せっかく見つけた狩場を確保したい、
ボクちゃん達の気持ちはわかるけど、なんだかな~と思う。

あ、別にお手洗いにも行くなとか言ってるんじゃなく、
数時間とか、朝までとかは、遠慮してほしいなと思うのである。

包みを開けちゃう、こわいおばちゃんが来るかもよ。うへへへへ。
[PR]
by hakoiri_musume | 2006-07-22 16:34 | どびんのひとりごと

すもぞう観察日記34

土砂降りの雨の中、傘もささずに、
カブトムシ(メス)を捕まえて、一言。

「とったど~~~~!!!」
[PR]
by hakoiri_musume | 2006-07-20 15:55 | すもぞう観察日記

ブログノススメ

このブログを始めて(だいたい)1年が(たぶん)経った。

こんなに続くとは思っていなかったので、自分でもびっくりだ。


ブログをきっかけに、
「どびん」というキャラクタの中に居る
「私」を知っていただいたり、興味をもっていただいたことは、
今のめいぽでの人間関係にも大きく影響しているように思う。

めいぽを始めてから、いろんなことがあって、
まぁ、大半は楽しいことで、
ときどき心が折れるようなこともあったりしたけど、
そういうことを、ブログに書く時、とても客観的になれたりする。

なんか、それは自分の中でいい傾向のような気がするのだ。

めいぽのブログと銘打っておきながら、
全然めいぽのことを書いていないことに、少し悩んだ時期もあったが、
それはそれでよいと、肯定してもらってからは
好き勝手にやらせてもらっている。

こうやって続けられたのは絶対に自分の力ではない。

みなさん、ありがとう。感謝しています。

それでまぁ、いい区切りで、ここでやめると美しいかもしれないけど、
そんな気も、さらさらなく、図太く書き続けるつもりの私なのであった。
[PR]
by hakoiri_musume | 2006-07-17 22:09 | どびんのひとりごと

遅い上に的外れ

先日のワールドカップでの、
ジダン選手の頭突き映像を見て

さすが、サッカー選手はカッとなっても手は使わないんだぁ。

と、素直に感心した人が、
世界中に100万人くらいは居て欲しい。

その後、平手打ちで退場になったこともあると聞き、
ちょっとがっかりした人が、
世界中に20万人くらいは居て欲しい。
[PR]
by hakoiri_musume | 2006-07-16 13:52 | どびんのひとりごと

迫りくる恐怖

最寄り駅は高架になっていて、ホームへ行くには階段を使う。

日本の駅ならどこにでもあるような、
段差の低い広々とした普通の階段だ。

その階段を、手すりを持って、
後ろ向きに下りてくる年配のご婦人がいた。

はしごを下りる時などは、そういう体制になるし、
「階段を下りる」という行為自体が、
お年寄りにとっては、危険を伴うことなので、
ありといえば、ありだと思う。

なにがビックリしたって、

めちゃめちゃ速いのだ。

すごい勢いで下りてくる おしり に、しばらく釘付け。
[PR]
by hakoiri_musume | 2006-07-13 19:12 | どびんのひとりごと

痛恨のミス

カレーが逝った。

楽しみにしていた2日目のカレーが逝った。


すもぞうと一緒に食べようと思って、楽しみにしていたのに、
蓋を開けると、白いものが・・・。

カビ!!!

いつもは途中で温めなおしたり、
冷蔵庫にしまったりするのだが、
ずっと仕事に追われて、すっかり忘れていた。

食べ物を残したり、まして捨てるなんて・・・。
主婦になって、調理済みの食べ物を捨てたのは、初めてだ。

二度としないと誓おう。
誰にだよ。

ということで、昨日の夕食は
お肉のタタキと冷奴を冷蔵庫から出しただけさ。

あーびっくりした。
[PR]
by hakoiri_musume | 2006-07-11 14:30 | どびんのひとりごと

どびんが書いています。足跡を残してくださると、想像以上に喜びます。
by hakoiri_musume
プロフィールを見る
画像一覧

◆はじめに◆
当サイトで使用している全ての画像や文章などの転載・複製・再配布することを禁止します。

◆それから◆
私が、普段感じたつまらないことを書き留めている、ごくごく私的なページです。

・どびん・
サイト管理人。
鈍器腐人(どんきふじん)。
主婦。

・すもぞう・
管理人の夫。
氷魔。
観察対象。


◆りんく◆
ゆにぷの(略
裏ゆにぷの(略
迷歩
AMAM's Bar
☆みかんの缶詰め☆
KAZARU!?
猫鍋のメイポな日々
くああ堂本舗
~jade~
(。-。)
ハヌの寝言
イリスの黙示録
もちぶろぐ
セクシーAha?
**缶詰日記**
Platinum Heart
閑話放題。
M.O.B 2nd STINT
天界に拡がる杏の樹
年中青空な町
夢幻(ゆめ・まぼろし)
ちぇん子のチンピラ日記
希望と夢の欠片
メイプル三昧
蒼い剣士と青い魔術士のまったり冒険記
Pure Jump








めいぽのネタは年に3回くらいしか書きませんが、責任は負いかねます。
あと、私の独断でコメント等を削除することがあります。
ご了承ください。

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな