どぶろぐ。

木漏れ日の青春

今日、電車で女子大生のおぱんつ丸が見えだった。

お顔はかわいいけど、終始不機嫌。
真っ黒でゴワゴワのロングヘアでふた昔まえのヤンキーみたいだった。

ピンクのトゥウィーティ(ひよこちゃん)のTシャツに、
ブルーデニムのミニタイトスカート、
黒のオーバーニーソックスに、レモンイエローのスニーカー。

椅子に浅く腰掛けて、肩甲骨あたりで背もたれに寄りかかる、
コントのヤンキーみたいな座り方をしてるから、
淡いブルーのおぱんつがずーっと見えていた。

時々見えるのは「わお!」って思うけど、
ずーっと見えているのは、なんだかときめかない。

情緒がない。


高校生の頃、ヤンキーのクラスメイトが
お昼休みの学食の出入り口(=ものすごい人通り)
のベンチに前述の彼女と同じように座っていた。

いや、少し違った。
その子は制服をミニにしていたのに、お股をおっぴろげていたのだ。
「どうだ!」と言わんばかりに、おぱんつが、がっつり四角く見えていた。

そこを通る学生たちは皆、
一瞬「あっ!」っと目をうばわれたが、すぐさま見なかったことにしていた。

むろん、私も同じようにした。
思うことはあったけれど、17歳の私には、そんな風にすることしかできなかった。

スカートからチラリとのぞくおぱんつは三角形であって欲しい。

初夏のまぶしい木漏れ日の中、
幼さの残る顔に毒々しいピンクの紅をさして、
オキシドールで脱色したパサパサの前髪をたらした彼女は
とてもイライラしていて、眉間にしわを寄せ、口を醜くゆがませ、
いかにも「ジロジロ見てんじゃねーよ。」という表情だった。

そりゃ見るって。

そんな彼女とは対照的に、
お股のおぱんつは、いつまでも純白に輝き、
多くの学生たちに向けて、光を放ち続けていた。
[PR]
by hakoiri_musume | 2007-05-14 15:15 | どびんのひとりごと

どびんが書いています。足跡を残してくださると、想像以上に喜びます。
by hakoiri_musume
プロフィールを見る
画像一覧

◆はじめに◆
当サイトで使用している全ての画像や文章などの転載・複製・再配布することを禁止します。

◆それから◆
私が、普段感じたつまらないことを書き留めている、ごくごく私的なページです。

・どびん・
サイト管理人。
鈍器腐人(どんきふじん)。
主婦。

・すもぞう・
管理人の夫。
氷魔。
観察対象。


◆りんく◆
ゆにぷの(略
裏ゆにぷの(略
迷歩
AMAM's Bar
☆みかんの缶詰め☆
KAZARU!?
猫鍋のメイポな日々
くああ堂本舗
~jade~
(。-。)
ハヌの寝言
イリスの黙示録
もちぶろぐ
セクシーAha?
**缶詰日記**
Platinum Heart
閑話放題。
M.O.B 2nd STINT
天界に拡がる杏の樹
年中青空な町
夢幻(ゆめ・まぼろし)
ちぇん子のチンピラ日記
希望と夢の欠片
メイプル三昧
蒼い剣士と青い魔術士のまったり冒険記
Pure Jump








めいぽのネタは年に3回くらいしか書きませんが、責任は負いかねます。
あと、私の独断でコメント等を削除することがあります。
ご了承ください。

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな